フラム号 (MS FRAM)

フラム号は2007年に建造された快適な探検船。ノルウェー出身の探検家、ナンセンやアムンセンが極地探検で使用した船に因んで命名されました。フラムとは『前へ』という意味です。船内にはシンプルで洗練された北欧の家具が配され、グリーンランドや南極大陸をモチーフにしたアートが飾られています。フィットネスやジャグジー、サウナなど、リフレッシュ施設もご用意しております。

©Tori Hogan

運航している航路

ノルウェー 南極 スピッツベルゲン グリーンランド アイスランド カナダ 北西航路 南北アメリカ

船の特徴

特筆すべき船内設備1

特筆すべき船内設備1

パノラマラウンジ

©Reinhard Tanner

大きなガラス窓が配されたパノラマラウンジ、デッキ7の前方に配されています。 自然光が船内に注ぎ込み、目の前に拡がる大自然の絶景をお楽しみいただく事が出来ます。 のんびりと北極・南極の迫力ある眺めをパノラマラウンジでご満喫ください。

特筆すべき船内設備2

特筆すべき船内設備2

アウトドアデッキ

©Hurtigruten Theme Media

極地の風や太陽の光を体感できるサンデッキは最上階(デッキ7)の後方に配されています。 オブザベーションテラス(デッキ5前方)では、フラム号前方に広がる絶景をお楽しみいただけます。 迫りくる氷山、悠々と泳ぐクジラ、空を舞う海鳥など大自然の絶景と動物との出会いが満喫できます。

特筆すべき船内設備3

特筆すべき船内設備3

サウナ

©Nina Helland

窓つきのサウナ(男女別)でゆっくりと時間をかけながら温まれば、体の中からポカポカになってきます。一日の疲れもとれて心身ともにすっきり。

特筆すべき船内設備4

特筆すべき船内設備4

ジャグジー

©Sandra Walser

屋外ジャグジーで、のんびりと氷山や氷河の絶景を眺めるリラックス・タイム。まさに最高の気分です!ご利用希望の場合、水着をご持参ください。

特筆すべき船内設備5

特筆すべき船内設備5

フィットネス

©Havard Jensen

フィットネス・ルームにはランニング・マシーンやダンベルなどをご用意。ご利用希望の場合、スポーツウェアや運動靴をご持参ください。

特筆すべき船内設備6

特筆すべき船内設備6

レクチャーホール

©Hurtigruten Theme Media

レクチャー・ホールではエキスぺディション・チームによる講義が開催されます。野生動物、極地探検の歴史、写真の撮り方など、多方面についての講義を開催します。(英語またはドイツ語)

特筆すべき船内設備7

特筆すべき船内設備7

レストラン

©Dave G Houser

窓の外に広がる風景を楽しみながら、お食事をお楽しみください。カジュアル・ダイニングでノルウェー・グルメをご満喫ください。テーブルは2~6人掛け、居心地のよい椅子でゆったりと。

特筆すべき船内設備8

特筆すべき船内設備8

ショップ

©Thomas Haltner

フッティルーテン・オリジナルグッズ、本、地図、Tシャツ、セーターなどお土産品を販売しています。旅の思い出をお持ち帰りください。

特筆すべき船内設備9

特筆すべき船内設備9

上陸用ボート

©Merete Wiken Dees

上陸用小型ボートへも安全、スムーズに乗船できます。海面近くに設置された乗下船口からポーラーサークル・ボートへの乗船が可能。長い列を作って急な階段を降りたり、不安定なゴムボートで転ぶ心配はありません。

シップデータ

総トン数 全長 デッキ数 キャビン
11,647トン 114 m 8 127
造船年 全幅 アイスクラス 改装年
2007 20.2 m 1B

施設

パノラマラウンジ アウトドアデッキ レストラン アラカルトレストラン ショップ
×
フィットネス ジャグジー サウナ 診察室 ゴムボート

デッキプラン







おすすめクルーズ

©Marse van Oosten
クルーズ日数:19泊20日

南極大陸とパタゴニア探検(19泊20日)

使用する船
FR フラム ,
出発日

2019年2月28日

料金確認・お問い合せ
©Karsten Bidstrup
クルーズ日数:17泊18日

アイスランドとグリーンランド(17泊18日)

使用する船
FR フラム ,
出発日

2018年6月14日

料金確認・お問い合せ
©Karsten Bidstrup
©Natures Momentsuk
クルーズ日数:13泊14日

グリーンランドからカナダへ北西航路/西回り(13泊14日)

使用する船
FR フラム ,
出発日

2018年8月29日

料金確認・お問い合せ

よくあるご質問