オーロラクルーズ

神秘の光景に出会うクルーズ

地球の北極付近(北極圏)で出会える、天空のショー・オーロラ。その幻想的な光景は感動的で言葉で言い表すことが出来ません。人知を超えた宇宙の壮大な力を感じます。1週間かけて様々な港に寄港し、昼は街歩きやフィヨルド、夜はオーロラ観測を楽しむ船旅です。オーロラ・シーズンは9月中旬~4月上旬まで。(春~夏にかけては白夜のため、目視不可能)フッティルーテンで、オーロラの神秘的な光を探しに出かけてみませんか?

オーロラクルーズの楽しみ方

フィヨルドと逆さオーロラ ©Xu-Guest image

フィヨルドと逆さオーロラ

夜空を神秘的に舞うオーロラ。フィヨルドの美しい風景とのコントラストは、よりその美しさを引き立てます。刻々と変わりゆく風景を楽しんで。運が良ければ、静かな海にはオーロラが映り込む逆さオーロラに出会えるかもしれません。

港町の夜景とオーロラ ©Innovation Norway

港町の夜景とオーロラ

34の港に寄港しながらノルウェーの西海岸を進むフッティルーテン。賑やかな町、住民や貨物が乗降するだけの小さな町など、魅力ある港町を巡ります。港町の夜景とオーロラのコントラストも素敵。ノルウェー西海岸の港町でのんびり街歩きで昼の時間も楽しむことが出来ます。

ジャグジーやプールに入ってオーロラ ©Stein J Bjørge

ジャグジーやプールに入ってオーロラ

オーロラは寒い思いで我慢しながら見なければいけない?フッティルーテンなら温水ジャグジーや温水プールに入りながらオーロラ観測!なんて贅沢な体験も可能です。温かいジャグジーでリラックスしながらオーロラが見れるなんて、まるで夢のよう。

オーロラを眺めながら夕食を。 ©Orjan Bertelsen

オーロラを眺めながら夕食を。

オーロラを眺めながらディナー!なんて贅沢な可能性も。南北に長いノルウェーでは、気候や文化、土地で取れる食材、郷土料理にはそれぞれの地域性があります。バレンツ海産タラバガニやノルウェー海産サーモン、フィンマルク地方のトナカイ、家族経営の小さな農場で生産されるチーズ、24時間太陽に浴びて育ったジャガイモなど、毎日港に届けられる大自然からの贈り物。新鮮な食材を用いてシェフが腕を振るいます。

オーロラ舞う空の下、犬ぞりやスノーモービルで白銀の大地を疾走 ©Orjan Bertelsen

オーロラ舞う空の下、犬ぞりやスノーモービルで白銀の大地を疾走

オーロラの空の下、大自然を体験するエクスカーション(オプショナルツアー)をご用意しています。犬ぞりやスノーモ-ビルで白銀の世界を疾走するエキサイティングな体験を。運が良ければ、オーロラが空を舞って祝福してくれるかも!

オーロラクルーズおすすめポイント

ポイント1

『オーロラアナウンス』で楽々オーロラ観測 ©Gian Rico Willy

『オーロラアナウンス』で楽々オーロラ観測

オーロラが出現すれば『オーロラアナウンス』でお知らせ。それまでは暖かい船内で寛いで待つことが出来る便利なサービス。屋外で凍える思いをしながら、今か今かと待っている必要はありません。

ポイント2

ノルウェーの北極圏は思ったよりも寒くない

メキシコ湾流と呼ばれる暖流の影響で、冬でも気温は-4度から0度くらい。札幌よりも暖かいのです。マイナス20度という極寒の中でオーロラ観測をする必要はありません。

ノルウェーの北極圏は思ったよりも寒くない ©Simen G Fangel

ポイント3

オーロラチャンスが増える ©knut Jenssen

オーロラチャンスが増える

空が雲に覆われているとオーロラは目視できません。船は常に移動しているので、今曇っていても.30分後に晴れた場所に移動することが可能。ノルウェーの天気は変わりやすく、雲が風で飛んでいきやすいので、今曇っていてもあきらめないでオーロラ出現を待ちましょう。

ポイント4

夜更かしが苦手な人に朗報

オーロラ観測というと夜遅くまで起きていなくてはいけないというイメージがありますが、ノルウェーの北極圏ではその必要はありません。オーロラ出現時間が20:00-24:00頃と早めなのが特徴。夕食後から眠るまでの間にオーロラ観測ができるので、夜更かしの必要はありません。(北米大陸では深夜から早朝にかけてオーロラが出現/23:00-03:00)

夜更かしが苦手な人に朗報 ©Jan Holthe

ポイント5

海上は真っ暗 ©Trym Ivar Bergsmo

海上は真っ暗

海上は街の灯りの影響を受けにくく真っ暗。360度見渡すことが出来るので、どの方角にオーロラが出現してもOK。木や建物が邪魔になることもありません。

オーロラを観測するために必要な条件は?

条件1

オーロラベルトに位置していること

オーロラベルトに位置していること

北極圏以北がオーロラ出現帯です。

条件2

空が晴れていること

空が晴れていること ©Ivan Mervillie

空が一面雲に覆われていると、オーロラは目視できません。雲の切れ間からもオーロラは観測可能です。

条件3

暗いこと

暗いこと ©Stein J Bjorge Hurtigruten

街灯などで街が明るすぎると、その光の影響でオーロラは観測しにくくなります。

おすすめクルーズ

©Ingo Foertsch-Guest image
クルーズ日数:11泊12日

往復乗船/ベルゲン-キルケネス-ベルゲン(11泊12日)

フッティルーテンでベルゲン→キルケネス→ベルゲンと、ノルウェー北西岸沿いを往復する12日間のクルーズです。往路は都市への寄港やエクスカーションでアクティブに、復路はフィヨルドの絶景を楽しむゆったりした船旅を満喫。一番おすすめの決定版コースです。
使用する船
TF トロルフィヨルド , MS ミッドナットソル , FM フィンマルケン , KH コングハラルド , PL ポラーリス , NK ノールカップ , NN ノールノルゲ , NL ノーリス , RW リカルドウィット , VA ヴェステローレン , LO ロフォーテン , SB スピッツベルゲン ,
出発日

毎日

料金確認・お問い合せ
©Trym Ivar Bergsmo
クルーズ日数:10泊11日

ベルゲン-キルケネス-トロンハイム(10泊11日)

ベルゲン→キルケネス→トロンハイム、往復乗船より一日短い11日間のフッティルーテンのクルーズです。北極圏最大の町トロムソやヨーロッパ最北端ノールカップ岬も訪問します。都市の寄港やフィヨルドの絶景を楽しむゆったりした船旅を満喫できます。
使用する船
TF トロルフィヨルド , MS ミッドナットソル , FM フィンマルケン , KH コングハラルド , PL ポラーリス , NK ノールカップ , NN ノールノルゲ , NL ノーリス , RW リカルドウィット , VA ヴェステローレン , LO ロフォーテン , SB スピッツベルゲン ,
出発日

毎日

料金確認・お問い合せ
©Torstein Omdal-Guest image
クルーズ日数:6泊7日

北行き/ベルゲン-キルケネス(6泊7日)

ベルゲン→キルケネスへ北へ向けて北極圏を越えて行く、フッティルーテンの北行き7日間の片道クルーズです。一年中ノールカップを訪れる事が可能で、オーレスン、トロンハイム、ボードー、トロムソなどの活気ある街を訪れる事ができます。
使用する船
TF トロルフィヨルド , MS ミッドナットソル , FM フィンマルケン , KH コングハラルド , PL ポラーリス , NK ノールカップ , NN ノールノルゲ , NL ノーリス , RW リカルドウィット , VA ヴェステローレン , LO ロフォーテン , SB スピッツベルゲン ,
出発日

毎日

料金確認・お問い合せ
©Trym Ivar Bergsmo
クルーズ日数:5泊6日

南行き/キルケネス-ベルゲン(5泊6日)

キルケネス→ベルゲンへ、北部から南へ向けて南下する、フッティルーテンの南行き6日間の片道クルーズ。セロイスンデ海峡、ラフテスンデ海峡、セブンシスターズ、トルグハッテンの絶景をたっぷり堪能できます。春には、白銀の山々が美しいリンゲンフィヨルドをクルーズします。
使用する船
TF トロルフィヨルド , MS ミッドナットソル , FM フィンマルケン , KH コングハラルド , PL ポラーリス , NK ノールカップ , NN ノールノルゲ , NL ノーリス , RW リカルドウィット , VA ヴェステローレン , LO ロフォーテン , SB スピッツベルゲン ,
出発日

毎日

料金確認・お問い合せ

オーロラクルーズのみどころを動画で紹介

よくあるご質問