カナダでの過ごし方

カナダ・エキスプローラー・クルーズ17日間の過ごし方

ヨーロッパから未知の世界へ漕ぎ出したヴァイキング。エンジンもない船で、頼りになる地図や目印になる島もない大西洋を進み、グリーンランド、北米大陸にたどり着いたのです。その地を『ヴィンランド』と名づけ叙事詩に残しました。快適なシップで、1,000年前のヴァイキングの残した足跡を辿る、壮大な探検の旅へ出かけましょう。

カナダ・エキスプローラー・クルーズ17日間の過ごし方

南グリーンランドのヴァイキングの遺跡を巡った後、彼らと同じように海を渡り、カナダ北部へ。ラブラドール、ニューファンドランド島の歴史ある港町、ヴァイキングの遺跡、太古から続く大自然を堪能した後、ハリファックスで旅を終えます。フランス、イギリスが植民地を奪い合った歴史にも触れます。歴史のベールに隠されたロマンを探して、極北の地を旅します。

予算概要
980,000円~
*クルーズ+国内線航空券+ホテル宿泊(国際線航空券は含まれません)
対象
探検派 絶景クルーズ 野生動物を見る旅 冒険の旅 一人旅 大人の旅 ハネムーン

1日目

いざグリーンランドへ ©Anke Timmerberg

いざグリーンランドへ

コペンハーゲンから航空機に乗って、4時間ほどでグリーンランドのカンゲルルススアークへ。ヴァイキングの足跡を辿る壮大な探検に出発!

2日目

グリーンランドのベニス・マニチョ

フィヨルドと群島の風景が美しいマニチョに寄港。群島が点在し、自然の小さな運河を作り出しています。彼らが自称『グリーンランドのベニス』と呼ぶのも頷けます。人口2,800人の小さな村をぶらついてみると、役所、派出所、教会、病院など市民生活に必要なものは揃っています。

グリーンランドのベニス・マニチョ ©Thomas Haltner

3日目

オジロワシの棲む・パーミウ ©Hilde Foss

オジロワシの棲む・パーミウ

さらに南下し、漁業が盛んな街パーミウに寄港。グリーン、ブルー、イエロー、カラフルな家屋が並ぶかわいらしい村です。地元の人が伝統的な衣装を着て出迎えてくれました。アザラシの革で作られたズボンの上に、カラフルなビーズや刺繍の上着がとてもきれいで、思わず写真をパチリ。上空にはオジロワシが舞っていました。

4日目

羊農家が住む:イガリク

羊農家が点在する小さな村イガリク村へ寄港。人口はわずか25人ほどですが、ヴァイキングの遺跡が発見されたことで有名になり、世界遺産にも選ばれたそうです。ヴァイキングの司教・ガルダルの農場には、教会の跡地が残されています。

羊農家が住む:イガリク ©Andreas Kalvig Anderson

5日目

ヴァイキングの遺跡:カシアルスーク ©Thomas Haltner

ヴァイキングの遺跡:カシアルスーク

緑豊かで氷山が浮かぶカシアルスークに寄港。アイスランドを後にした赤毛のエリックが972年、最初に定住した場所として有名で世界遺産に登録されています。住居跡が再現されていて、ヴァイキングの衣装を着た女の人がいろいろな説明をしてくれます。コロック氷河・ボートクルーズに参加すると、氷山が浮かび、プチプチという音が聞こえてきました。「これは数十万年も前の空気が溶け出している音なんだよ」とのガイドさんの説明が感慨深いです。

6日目

海を越えて:北大西洋

グリーンランドを後に、カナダへ向かいます。船内講義では、ヴァイキングたちはグリーンランドを後にして、さらに西へ進み、『ヴィンランド』を発見したとのことで、コロンブスよりも500年も前にアメリカ大陸に到達していたことになります。その未知の海を私たちも進んでいるのです!

海を越えて:北大西洋 ©Nick Cobbing

7-9日目

人里はずれた村を訪ねて:ラブラドール ©Barrett & MacKay Photo

人里はずれた村を訪ねて:ラブラドール

海を越えてついに北米大陸に到着!1,000年も昔、地図もエンジンもない船でどうやってここまでたどり着いたのか、やっぱりヴァイキングはすごいと改めて感心します。最初に寄港したラブラドール地方の小さな村は大自然が残る素晴らしい場所で、ハイキングに出かけたり、イヌイットの文化を学んで過ごします。

10日目

19世紀にタイムトリップ:バトルハーバー

ラブラドール地方の中心地、バトルハーバーに寄港。バトル島にあり、本土からはフェリーでしかアクセスできないこの地は、昔はタラ漁で栄えたそうです。19世紀頃の木造の建物が残されていて、まるでタイムスリップしたよう。ひなびた感じもなかなか良い雰囲気です。

19世紀にタイムトリップ:バトルハーバー ©Dru Kennedy Photography

11日目

ヴァイキングの遺跡・ランスオーメドー ©Dru Kennedy Photography

ヴァイキングの遺跡・ランスオーメドー

旅のハイライト、世界遺産のランス・オー・メドーに到着!ここは、伝承とされていた『ヴィンランド』が実在し、アメリカにやって来た最初のヨーロッパ人がヴァイキングだったことが証明された場所です。ここでヴァイキングたちが生活していたと想像すると、なんだか声が聞こえてくるような気がします。

12日目

バスク人の捕鯨の地:レッドベイ

16世紀のバスク人たちの捕鯨基地であったレッドベイに寄港。水中に沈められていた捕鯨船が引き上げられ、船員たちの墓なども含めて世界遺産に指定されているそうです。博物館ではその興味深い歴史を学ぶことができます。

バスク人の捕鯨の地:レッドベイ ©Dru Kennedy Photography

13日目

絶景!グロスモーン国立公園 ©newfoundland and labrador tourism

絶景!グロスモーン国立公園

世界遺産グロスモーン国立公園の玄関口ボンヌ・ベイに寄港。バスでグロスモーン国立公園に向かい、テーブルランドと呼ばれるエリアをハイキング。ここは大昔、海の底だったそうです。素晴らしい風景を堪能し、地球の長い太古からの歴史を感じます。

14日目

セントローレンス湾

アメリカの五大湖から流れて来るセントローレンス川の河口に広がるセントローレンス湾をクルーズ。今日は終日航海のため、デッキで一休み。風景を眺めながらひたすらリラックスします。

セントローレンス湾 ©Nina Helland

15日目

ここはフランス:サンピエール&マクロン ©Yoko Miyazawa

ここはフランス:サンピエール&マクロン

フランス領というサンピエ-ル&マクロン島に寄港。パリから4,000km離れたこの場所もフランスです。プジョーやルノーの車が列を作り、お店の通貨もユーロ。素敵なパン屋さんがあったのでマカロンやエクレアなど、思わずいくつもオーダーしてしまいました。

16日目

要塞がある街:ルイブール

ノヴァスコシア州のケープ・ブレトン島にあるルイスブールに寄港。18世紀フランスにより要塞が築かれ、その後英国により破壊されたなどの複雑な歴史を持つ街です。ナポレオンがかぶっていたような帽子をかぶった昔の衣装を着た人たちが、要塞で大砲を打つと、バーンとすごい音がしました。

要塞がある街:ルイブール ©Tourism Nova Scotia

17日目

旅の終わり:ハリファックス ©Wally Hayes

旅の終わり:ハリファックス

ハリファックスに到着。ヴァイキングの軌跡を追う旅も終わりです。この旅の距離と長さを思うと、何がヴァイキングたちをここまで駆り立てたのか、どうしても移住が必要だったのか、好奇心とフロンティア・スピリットだったのか?様々な疑問が浮かびます。答えはわかりませんが、ヴァイキングが当時、世界一の探検者であったと確信した旅でした。

おすすめクルーズ

©Karsten Bidstrup
クルーズ日数:13泊14日

ニューファンドランド/ラブラドールからアイスランド(13泊14日)

カナダ北東部・ニューファンドランド島とラブラドール地方を巡り、春のアイスランドを目指す壮大な探検クルーズ。フィヨルドや氷河など大自然の風景をお楽しみください。世界遺産となっているヴァイキングの遺跡を訪れるほか、野生動物との出会いも期待できます。 
使用する船
FR フラム ,
出発日

2018年5月10日

料金確認・お問い合せ
©Barrett & MacKay
クルーズ日数:16泊17日

グリーンランド、ラブラドールとニューファンドランド(16泊17日)

グリーンランドからカナダ北東部のニューファンドランド島やラブラドール地方を巡り、世界遺産となっているヴァイキングの遺跡を辿るクルーズ。フィヨルドや氷河などの大自然の風景が楽しめるほか、野生動物や神秘のオーロラとの出会いも期待できます。 
使用する船
FR フラム ,
出発日

2018年9月22日

料金確認・お問い合せ

よくあるご質問