フッティルーテンでの過ごし方

知っておきたいフッティルーテン

フッティルーテンは旅するホテル。ノルウェー、北極、南極での旅のベース基地です。寄港地では、散策したり、自然を満喫、文化を学ぶなどエクスカーションなどで毎日をお楽しみください。まるでわが家のように、おくつろぎいただける船内。窓に広がる絶景を眺めながら、のんびりお過ごしいただけます。サウナやジャグジーのある船もあるので、絶景を眺めながらリラックスという贅沢な体験も。新鮮な地元産の食材を用いてシェフが腕を振るう『美味しいノルウェー』も人気です。ドレスアップは必要ありませんので、どなたでもお気軽に、快適な休日をご満喫ください。エキスペディション・チーム(注1)と一緒に、船内レクチャーで文化について学んだり、漁師から届けられた甘えびの試食にチャレンジしたり、毎日が驚きと発見の連続。大型客船では味わえない素顔のノルウェー、北極・南極の大自然へご案内します。 (注1):MS Lofoten,MS Vesteralenを除く

フッティルーテンの船内設備

快適な客室、ゆったりと寛げるラウンジ、毎日のメニューが楽しみなレストランのほか、カフェテリア、ショップ、フィットネス、サウナ、ジャグジー*注1など、各種の施設をご用意しています。船内はノルウェーらしいインテリアで統一されています。英語を話す地元出身のスタッフがお出迎えし、素顔のノルウェーにお連れします。  注1:配備されていないシップもございます。

アウトドアデッキ

アウトドアデッキ

大自然のスペクタクルを楽しむ

©Agurtxane Concellon
アウトドアデッキ

大自然のスペクタクルを楽しむ

©Leslie A Kelly
アウトドアデッキ

大自然のスペクタクルを楽しむ

©Trym Ivar Bergsmo

豊かな自然の懐に抱かれるのがフッティルーテン流。刻々と移りゆく一大パノラマをご堪能いただけます。天気が良ければアウトドア・デッキで風を感じながら、絶景を眺めるひとときをお楽しみください。夏にはいつまでも沈まない幻想的なミッドナイトサン、秋~冬には空に広がる天空のショー・オーロラを追いかけて、その時を待ちましょう。

パノラマラウンジ

パノラマラウンジ

のんびりとくつろぐ

©Gian Rico Willy
パノラマラウンジ

のんびりとくつろぐ

©Ragnar Hartvig
パノラマラウンジ

のんびりとくつろぐ

©Trym Ivar Bergsmo
パノラマラウンジ

のんびりとくつろぐ

©Simon Skreddernes

パノラマラウンジの大きなガラス窓から、目の前に広がる風景をお楽しみいただけます。多くの椅子やソファが配備されていますので、のんびりとお寛ぎください。日常の忙しさから離れて本を読んだり、おしゃべりを楽しんだり。静かでゆったりした時間に包まれる贅沢な時間をお過ごしください。併設されたバーではノルウェーのビール、お酒、ソフトフドリンクをご用意。絶景を眺めながら地ビールを一杯!格別のおいしさです。

レストラン

レストラン

コースタルキッチン~食で旅するノルウェー~

©Madis Sarglepp
レストラン

コースタルキッチン~食で旅するノルウェー~

©Orjan Bertelsen
レストラン

コースタルキッチン~食で旅するノルウェー~

©Eirik Larsen
レストラン

コースタルキッチン~食で旅するノルウェー~

©Madis Sarglepp

船内にはメインダイニングとアラカルト・レストランの2か所ございます。(一部のシップを除く)両方のレストランで地元産の食材を生かしたノルウェー・グルメをお楽しみいただけます。メインダイニングではフィックス・メニュー、アラカルト・レストランではチョイスをしていただくことが可能です。(要追加代金)自慢のコースタル・キッチンで作られた美味しいノルウェー料理をご堪能ください。

カフェ

カフェ

お腹がすいたらカフェへ

©Simon Skreddernes
カフェ

お腹がすいたらカフェへ

©Simon Skreddernes
カフェ

お腹がすいたらカフェへ

©John Emil Richardsen
カフェ

お腹がすいたらカフェへ

©Simon Skreddernes

カフェではサンドイッチ、パンなどの軽食、ソフトドリンク、コーヒー、紅茶などを販売しています。一部のシップではロフォーテン諸島で人気のアイスクリームを販売するアイスクリーム・パーラーもございます。ノルウェー人はアイスクリームが大好き。夏も冬もアイスクリームを食べます。お気に入りの味をみつけるのも楽しみですね。

ジャグジー

ジャグジー

最高のリラックスタイム

©Nina Helland
ジャグジー

最高のリラックスタイム

©Simon Skreddernes

フィヨルドや島々など大自然の風景を眺めながら、温かいジャグジーに入るのは最高のリラックスタイム!心も体も癒されてパワーチャージすること間違いなし。温泉感覚で毎日入りたくなってしまいます。運が良ければ、ジャグジーに入りながらオーロラが空を舞う、そんな素敵な体験ができるのは、フッティルーテンだけ。注:配備されていないシップもございます。

サウナ

サウナ

一日の疲れを癒すひととき

©Ragnar Hartvig

アクティブな毎日が続いたらサウナへGO。汗を流して疲れを癒しましょう。サウナは隣国フィンランド発祥の地。サウナには低温でゆっくり時間をかけて入るのが北欧流です。風景を楽しめる窓付きサウナがある船では、点在する島々や通り過ぎる漁船をのんびりと眺めることも可能。サウナを出る頃には心身ともにリフレッシュ!*一部のシップを除く

フィットネス

フィットネス

運動不足解消

©Lena Knutli

毎日、美味しいものを食べていると、どうしても太ってしまいがち。運動不足解消にはフィットネスが一番。ランニングマシーンやバーベルなどの設備をご用意しておりますので、軽い運動で汗を流してみては。

ショップ

ショップ

お気に入りのお土産探し

©Orjan Bertelsen
ショップ

お気に入りのお土産探し

©Tor Farstad
ショップ

お気に入りのお土産探し

©Tor Farstad
ショップ

お気に入りのお土産探し

©Madis Sarglepp

船内ショップではオリジナルグッズの他、Tシャツ、セーター、毛布、スポーツウエア、本、地図、雑貨などのお土産を販売しています。

インフォメーション

インフォメーション

クルーズのことはおまかせ

©Simon Skreddernes
インフォメーション

クルーズのことはおまかせ

©Tor Farstad
インフォメーション

クルーズのことはおまかせ

©GS Foto

上記施設の他、ランドリー(ノルウェーのみ)、プレイルーム、ラゲージルームなどもございます。*一部のシップを除く

モダンに改装されたインテリア

モダンに改装されたインテリア ©Orjan Bertelsen

コングハラルド号、ノールカップ号、ポラーリス号、ノールノルゲ号は2016年に改装されました。自然素材を生かしたモダンで温かい雰囲気のインテリアが人気です。 快適なソファ、リラックス・チェアが配備されたパノラマラウンジから、窓の外に広がる風景をお楽しみいただけます。スーペリアキャビンは広々とした快適なダブルベッド。のんびりと寝そべりながら船旅をご満喫ください。サウナ、フィットネスやジャグジー、などの施設も充実しています。

【インテリアを動画でご紹介】

【インテリアをギャラリーでご紹介】

モダンに改装されたインテリア ©Orjan Bertelsen
モダンに改装されたインテリア ©Simon Skreddernescoup agency
モダンに改装されたインテリア ©Simon Skreddernescoup agency
モダンに改装されたインテリア ©Orjan Bertelsen
モダンに改装されたインテリア ©Simon Skreddernescoup agency
モダンに改装されたインテリア ©Orjan Bertelsen
モダンに改装されたインテリア ©Orjan Bertelsen

フッティルーテンのグルメ

ノルウェーは海産物の宝庫。港には毎日、地元の漁師や農家から新鮮で旬な食材が届けられます。朝獲れ鮮魚やフレッシュなベリー、ハーブ、野菜、ローカルファームから届けられるお肉やチーズなどが食卓に並びます。現在80%以上の食材はノルウェー産を使用しています。小腹が空いたらカフェテリアへどうぞ。手作りパンやアイスクリーム、コーヒー、紅茶などのドリンク類をご用意しています。探検クルーズでは、寄港地で仕入れた食材でノルウェー料理や寄港地の伝統料理をお召し上がりください。

紹介したいグルメ①

朝食と昼食:好きなものを好きなだけ

©Pal Rodahl

朝食と昼食:好きなものを好きなだけ

©Madis Sarglepp

朝食と昼食:好きなものを好きなだけ

©Madis Sarglepp

朝食と昼食はブッフェスタイル。朝食はパン、ハム、チーズ、ニシンの酢漬け、ヨーグルトなどノルウェー風ブレックファストを。昼食はサラダ、スープ、パン、各種肉・魚・野菜料理、デザートなど、好きなものを好きなだけ。たくさん食べてもいいし、スープとサラダだけにして軽く済ませるのも自由自在。ご自身の体調に合わせて、お召し上がりください。

紹介したいグルメ②

夕食:ノルウェー北の海と大地からの贈り物

©Orjan Bertelsen

夕食:ノルウェー北の海と大地からの贈り物

©Christian Houge

夕食:ノルウェー北の海と大地からの贈り物

©Orjan Bertelsen

南北に長いノルウェーでは気候や文化、食材、郷土料理にそれぞれ地域性があります。毎日訪れる寄港地により異なる郷土料理をお楽しみください。例えばガイランゲル・フィヨルドではラム肉、ヴェステローレン地方では北極イワナ、フィンマルク地方ではトナカイ肉など、自然と共に育まれたお料理が並びます。食材やその地域における食の歴史などが書かれたメニューを毎日チェックするのも楽しみです。

紹介したいグルメ③

ア・ラ・カルトメニュー:ちょっと贅沢に

©jens Haugen

ア・ラ・カルトメニュー:ちょっと贅沢に

©Simon Skreddernes

ア・ラ・カルトメニュー:ちょっと贅沢に

©Orjan Bertelsen

通常のクルーズには食事が含まれています。夕食を追加代金でア・ラ・カルトメニューにアップグレードが可能です(ア・ラ・カルト・レストランにて)。バレンツ海産タラバ蟹、ロフォーテン諸島産タラの舌など、特選食材を使って特別にシェフが腕をふるいます。ちょっと贅沢にノルウェー・グルメを楽しんで。

フッティルーテンで体験できるアクティビティ

のんびりと風景を楽しむだけでなく、自然や文化も満喫したい!という方のために、イベントや豊富なエクスカーションをご用意しています。~見る・聞く・嗅ぐ・味わう・感じる・知る~五感を使ってノルウェーの新しい魅力を発見すれば、旅の楽しみも倍増。誰もが参加できるバスツアーからアウトドア派向けのハイキングツアーなど、幅広いチョイスからお選びください。探検クルーズでは上陸用ボートでの氷山クルージングや南極・北極に上陸して動物を観察します。

紹介したいアクティビティ①

紹介したいアクティビティ①

船上イベント:北極圏を超えて

©Gian Rico Willy
紹介したいアクティビティ①

船上イベント:北極圏を超えて

©Mikael West Hammer
紹介したいアクティビティ①

船上イベント:北極圏を超えて

©Borgmann Klaus-Guest image
紹介したいアクティビティ①

船上イベント:北極圏を超えて

©Yann Bougaran

北緯66度33分を超えたら北極圏。夏は24時間太陽が沈まない『ミッドナイトサン/白夜』、冬は24時間太陽が昇らない『ポーラーナイト/極夜』の国に足を踏み入れます。そこは神秘的で不思議な世界の始まり。北極圏への突入、脱出を記念して、船上では北極圏通過儀式を行います。甘えびの試食、サーモン解体ショー、凍った海でアイス・スイミングなど、季節ごとに変わる船上イベントを開催します。

紹介したいアクティビティ②

紹介したいアクティビティ②

気ままな街歩き

©Stein J Bjorge
紹介したいアクティビティ②

気ままな街歩き

©Arne Ekholm-Guest image
紹介したいアクティビティ②

気ままな街歩き

©Alfred Astrid Held
紹介したいアクティビティ②

気ままな街歩き

©Nancy Bundt

ノルウェー沿岸では34の港に寄港します。地元住民が乗降するだけの小さな港から活気あふれる大きな港まで、個性豊かな港町を訪れます。カラフルな家々が並ぶ街をのんびり散策したり、北欧デザインの雑貨屋でお気に入りを見つけたり。地ビールや人気のカフェで一杯飲むのも素敵な思い出になります。気取らないノルウェーの素顔に出会う船旅をお楽しみください。

紹介したいアクティビティ③

紹介したいアクティビティ③

新しい体験に挑戦

©Agurtxane Concellon
紹介したいアクティビティ③

新しい体験に挑戦

©Nina Helland
紹介したいアクティビティ③

新しい体験に挑戦

©Orjan Bertelsen
紹介したいアクティビティ③

新しい体験に挑戦

©Orjan Bertelsen

フッティルーテンではヨーロッパ北の最果ての地ノールカップ岬を訪れる、自然を感じるハイキング、先住民サーメの文化を知る、氷山クルージングなど、さまざまなエキサイティングな体験をご用意しています。今までやったことのない事にチャレンジしてみれば、新しい自分を発見するかもしれません。自分はこんなこともできる!世界には素晴らしい知恵がある!新しい世界を知るってとても素敵です。

フッティルーテンでの過ごし方を動画で紹介

ギャラリー

©Georg Dietrich Kunzendorf-Guest image
©Trym Ivar Bergsmo
©Annmarie Perjons-Guest image
©Juliet Bain-Guest image
©karen leigre-Guest image
©Vesely Andrea-Guest image
©Orjan Bertelsen
©Winfried Rosen-Guest image