スピッツベルゲンのクルーズ

スピッツベルゲン ~ホッキョクグマの聖地~

北極点まで、たった1,200㎞の距離にある地球の北の果てにある島。オスロから数時間のフライトで簡単にアクセスできる北極です。屹立する岩山や巨大な氷河など、迫力ある極北の大自然と出会う事が出来ます。約3,000頭のホッキョクグマが生息しており、『北極の王』との遭遇のチャンスも。セイウチ、ホッキョクギツネ、クジラ、トナカイなども野生のままの姿を見せてくれます。アンデルセン童話『雪の女王』では、雪の女王の宮殿のある場所とされています。野生動物と極北の大自然を求めて、夏の探険に出かけてみませんか?

©Nina Helland
クルーズ日数:5泊6日

スピッツベルゲン西海岸探訪/木曜発(5泊6日)

クラシックな小型船ノールチャーネン号で、スピッツベルゲン北西海岸を訪れるリーズナブルな6日間のショートクルーズ。フィヨルドや氷河など北極圏ならではの絶景が広がります。セイウチやシロクマなどの野生動物に出会えるかもしれません。
使用する船
NS ノールチャーネン ,
出発日

2018年
5月24日、5月31日、6月7日、6月14日、6月21日、6月28日、7月5日、7月12日、7月19日、7月26日、8月2日、8月9日、8月16日、8月23日、8月30日、9月6日

料金確認・お問い合せ
©Nina Helland
クルーズ日数:5泊6日

スピッツベルゲン西海岸探訪/月曜発(5泊6日)

クラシックな小型船ノールチャーネン号で、スピッツベルゲン北西海岸を訪れるリーズナブルな6日間のショートクルーズ。フィヨルドや氷河など北極圏ならではの絶景が広がります。セイウチやシロクマなどの野生動物に出会えるかもしれません。
使用する船
NS ノールチャーネン ,
出発日

2018年
5月21日、5月28日、6月4日、6月11日、6月18日、6月25日、7月2日、7月9日、7月16日、7月23日、7月30日、8月6日、8月13日、8月20日、8月27日、9月3日、9月10日

料金確認・お問い合せ
©Stocks-Guest image
クルーズ日数:11泊12日

ベルゲンからノールカップ、ノルウェー西海岸巡りとスピッツベルゲン探検(11泊12日)

氷河の絶景スピッツベルゲン島を訪れる探検クルーズ。ベルゲンを出発し、ノルウェー西海岸の知られざる島々やクマの島という名を持つビョルンオイヤ、欧州最北端のノールカップを訪問。この時期だからこそ体験できる、北極の春を満喫してみませんか? 
使用する船
SB スピッツベルゲン ,
出発日

2018年5月19日

料金確認・お問い合せ
©Nina Helland
クルーズ日数:9泊10日

スピッツベルゲン、ビョルンオイヤ、トロムソ探検(9泊10日)

春のスピッツベルゲン島を訪れる探検クルーズです。北極圏の主要都市トロムソを出発し、ヨーロッパ最北端ノールカップ、海鳥の宝庫ビョルンオイヤを訪れます。ホッキョクグマやセイウチなどの野生動物に遭遇のチャンスも。
使用する船
SB スピッツベルゲン ,
出発日

2018年5月29日

料金確認・お問い合せ
©Nina Helland
クルーズ日数:8泊9日

トロムソ、ビョルンオイヤ、スピッツベルゲン探検(8泊9日)

初夏のスピッツベルゲン島を訪れる探検クルーズです。北極圏の主要都市トロムソを出発し、ヨーロッパ最北端ノールカップ、海鳥の宝庫ビョルンオイヤを訪れます。ホッキョクグマやセイウチなどの野生動物に遭遇のチャンスも。
使用する船
SB スピッツベルゲン ,
出発日

2018年6月7日

料金確認・お問い合せ
©Ester Kokmeijer
クルーズ日数:9泊10日

スピッツベルゲン周回クルーズ(9泊10日)

スピッツベルゲン島とスヴァルバール諸島を一周する10日間のクルーズ。フィヨルドや氷河など北極圏ならではの絶景が広がり、野生動物との遭遇チャンス大!オスロ⇔ロングヤービエン間のフライトも含まれています。 
使用する船
SB スピッツベルゲン ,
出発日

2018年6月14日、6月22日、6月30日、7月8日

料金確認・お問い合せ
©Ester Kokmeijer
クルーズ日数:11泊12日

スピッツベルゲン大周回クルーズ(11泊12日)

スピッツベルゲン島とスヴァルバール諸島、さらに東の果てまで足を延ばす12日間のクルーズ。フィヨルドや氷河など北極圏ならではの絶景が広がり、野生動物との遭遇チャンス大!オスロ⇔ロングヤービエン間のフライトも含まれています。 
使用する船
SB スピッツベルゲン ,
出発日

2018年7月16日、7月26日

料金確認・お問い合せ