フッティルーテン基本情報

1893年、ノルウェー北西部へ人と物資を運ぶために創業したフッティルーテン。南のベルゲンから北のキルケネスまで約2,400km、大小34の港に寄港しながら12日間かけて往復しています。主要な港の他、住民や貨物が乗降するだけの小さな港にも寄港する、沿岸住民の生活路線としても欠かせない世界最北の定期船。フィヨルドの絶景に恵まれたその航路は『世界で最も美しいい船旅』と謳われ、観光客船としても人気を集めています。ノルウェー西海岸の大自然と素顔に出会うことができる船旅。北極、南極への探検クルーズも運航しています。

フッティルーテンだからできること

絶景と出会う旅

絶景と出会う旅

豊かな自然の懐に、船ごと抱かれるのがフッティルーテン流。静かで穏やかな時間に包まれて、刻々と移ろいゆく風景を眺めるのんびりした休日をお過ごしください。デッキの上で風に吹かれて、船内で寛ぎながら、目の前に広がるパノラマをご堪能ください。

画像提供:Snorre E Aske
くつろぎのクルーズライフを

くつろぎのクルーズライフを

©Gian Rico Willy

フッティルーテンでの過ごし方

まるでわが家のように、ゆっくりおくつろぎいただける船内。リラックスした雰囲気を大切にしたいから、船内ではカジュアルな服装でお過ごしください。地元で仕入れる新鮮な食材を使うノルウェー料理もクルーズの楽しみのひとつです。自然を体験したり、文化を学ぶなど、陸上での楽しみも忘れずに。寄港地観光で、旅の楽しみも倍増!

フォーマルな服装は必要ありません

フォーマルな服装は必要ありません

©Nina Helland

旅の準備(気候・服装)

ノルウェー、北極、南極、訪れる時期によっても旅の準備は異なります。オーロラと聞くと-40度の極寒の地、と想像されやすいですが、ノルウェーの冬は暖流の影響で-4℃程度。思ったよりも寒くありません。探検と聞くと過酷な旅を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、ご心配なく。南極、北極へもベストシーズンの夏に訪れるため、特別な服装の必要はありません。
またオーロラ撮影のコツもご紹介します。

創業1893年・125年以上の歴史を誇る伝統航路

創業1893年・125年以上の歴史を誇る伝統航路

©Nord Vesterålsmuseet

フッティルーテンの歴史

125年以上ノルウェー沿岸の人々の生活航路として活躍してきたフッティルーテン。フィヨルドで分断され、移動が困難だった地域に人と物資を運ぶことからその歴史はスタートしました。フッティルーテンとは速いルートという意味で、現在もノルウェー西海岸の交通・経済の大動脈です。

経験豊富なエキスペディション・チーム

経験豊富なエキスペディション・チーム

©Orjan Bertelsen

エキスペディション・チームについて

フッティルーテンの船には、豊富な経験を持つエキスペディション・チームが乗船しています。歴史、文化、動植物、地質などそれぞれの分野に精通するエキスパートです。あなたの冒険を、より奥深く、より思い出深いものにするためのお手伝いをいたします。

フッティルーテンこんな方におすすめ

リラックス派からアクティブ派まで幅広い層が楽しめる

フィヨルドの風景をのんびり眺めたい、オーロラに感動したい、ペンギンに会いたい、犬ぞりに挑戦したい、美味しいものを食べたい、旅の目的は人それぞれ。ご夫婦、ご家族、友人、一人旅など、どのような旅のスタイルの方も『フッティルーテンの船旅』をお楽しみいただけます。冒険心に溢れ、新しいことに興味を持ち、自分の時間を楽しみたい。そんなお客様にはフッティルーテンがぴったりです。

画像提供:Knut Hustad
リラックス派からアクティブ派まで幅広い層が楽しめる

フッティルーテンのパンフレット

ノルウェー・コースタルクルーズや南極、アイスランド、スピッツベルゲン、グリーンランドなど探検クルーズの航路、コース紹介、寄港地案内、シップ情報などを掲載した各種パンフレットをご用意しております。ご希望の方は郵送いたします。

お申し込みはこちら

よくあるご質問